エコトーン

広葉樹の丸棒が奏でる、素朴な楽器教材です。

(写真をクリックすると大きな画像でご覧になれます。)

【参考作品:カズル02】

名称

エコトーン(木箱入り)

---

<アイコンの説明>

内容

丸棒14本、ばち1本、木箱

サイズ

高165×幅420×奥行150mm(収納時)

重量

総重量3650g

制作意図

遊びながら、長さの比較や順序を楽しめるようにつくりました。
木の音があまりに良いので、音遊びができる玩具になりました。

その他

--- 価格

非売品

使い方)同じながさが2本づつ対になっています。たくさんの穴のあいた蓋をあけて、その上に並べてみてください。長さの比較や、順序などにも親しみやすい教材です。スティックで叩いてみて下さい。気持ちのいい音が聞こえます。固定していないので、自由に並べて奏でましょう。

箱(開封時)

箱から出してセッティング

箱(収容後)

きこりのカズル交流会/"エコトーン"と好奇心

ヘンテコな箱。丸い穴が並んでいる。
ふたをあけると、広葉樹をロクロで、みがいたツヤツヤの丸棒がはいっています。
手触りのいい丸棒は、いろんな長さになっています。
バチもひとつ入っています。
叩いてみたくなったら叩いてみましょう。 
箱から出すと、コロコロ、転がります。あっそうか。
あけた蓋のくり抜きは、丸棒をのせるのにちょうどいい。
のせてみると木琴みたいになりました。
もう一度叩いてみようかな?
楽しい音!
何度でも!まるで森で遊んでいるみたい。

〜作品誕生の裏側〜

テーマは、長さの比較や、長さの段階的な順序が、自然に体験できる教材でした。
基本は、こどもが思わず、長さをくらべ、自然に同じながさをさがしていくような。もちろん楽しみながら。
拍子木だと2本づつ。同じ長さ探しにはちょうどいいなぁ。拍子木セットをつくろうかな。そうこうするうちに、職人さんが、いい音がするよ、といって叩いてくれました。
と、その音を聞いてびっくり。
なんと心地のいい音でしょう。ほら、学校で、木琴の演奏ができないときに、ついつい、バチで左右に何度もこすって、おもしろい音をだして。。。しまいには叱られた時のあの音に似ています。
あの時の遊び心をそのまま、形にすることにしました。いろんな仕掛けがあるのですが。
それはまたいずれの機会に。



トップページカズル積み木ネットワーク木工バリアフリー木工療育きこりの交流会リンク
(C)2002−:木のおもちゃ(このページはフレームの一部です)